忍者ブログ
パグ犬レンと鼓々(ここ)との楽しい生活。たまーに私。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルだけ見るとめっちゃ不吉ですなー。
まぁお察しの通り月イチの予防薬狂犬病予防の注射しに病院に行ってきたんですね

ちなみに今回の注射はレンだけ。鼓々はすでに先月の20日に注射済みで、レンもその時一緒にする予定だったんだけど下痢気味だったので先延ばしにしたんです。本当は先月中にするはずだったんだけどね~、私のつわりちゃんがさ

2パグ同時に連れて行くのでかなり大変なんですが、メリットというか一緒に連れてくと待合室にいらっしゃる方はだいたいお声かけてくれますねお声かけてくださる方はお話好きな人が多いみたいで、待ってる間いつも楽しい時間を過ごしてますキャリーで連れて行くので顔をよく見せられないのが残念。出したいんですけどね~ウンピーしちゃうからコワイの

この日待合室に訪れたワンちゃんは8歳の柴犬3歳のシーズー(♂)。まず柴ちゃんが先にいたので柴ちゃんのほうから。毛並みが綺麗だったので「お部屋で飼ってるんですか?」と聞いたらやっぱり室内飼いで、とても綺麗にお手入れされてて愛されてるなぁなんて微笑ましくその柴ちゃんを見ていました。

その後柴ちゃんが診察室へ行ったのでボーッとしてたらシーズーちゃんが入ってきて、2パグのキャリーを見るなり「ほらネコちゃん、ネコちゃんやよー」とシーズーちゃんに向かって飼い主のおばあちゃんは話してました「いえいえ、犬です、パグなんです~」と言い「あぁ、ワンちゃんやった、ほらワンちゃんやよー」とシーズーちゃんにまたまた話してました。うーん、こちらも愛されてるわぁ

このシーズーちゃん、大人しくてイイコ。待合室のソファーに「はいポンして」と言ったらヒョイッと上がってお座り。おおお~吠えないし「イイコですね~」と言ったら「ワガママでー、警戒心もあるしねぇ」って。いやいや、撫でさせてくれるし本当イイコですよ。ねぇ、イイコだね~。その後「知らない人とかには絶対頭触らせないし」とも言ってましたけども

・・・・・・・さっき思いっきり私ナデナデしてますが。

あり?ま、いっか。

で、うちが次呼ばれたので診察室へ。

まずは鼓々。
体重は5.55kg。おお~先月と変わってない。でもこれって微妙でフィラリアの薬ってこの体重を境に薬が違うんですよ(笑)0.01gでも違ってれば。なんかスゴイ体重だなァ体も大丈夫、熱もないので鼓々は早々と終了。

次はレン。
体重は5.25kg。えっ??先月より0.15gしか増えてない先生からも「もっと増えててもいいんですけどね~」と言われました…ショックゴハン少ないのかな~。フードを変えて間もないからかな~。でもこの前多くあげたらゲリリンしたしな~。どうしよ。でもこの増え方では少ないのでやっぱりちょっとずつでも量を増やしていこうかなと思いました。ごめんね、レン。

体調も万全で便も普通、熱もないので予防注射決定。首にチューッとしてすぐさまキャリーに入れて病院を後に。

いつも通り30分は様子を見て、今日は鼓々とあまり遊ばせないようにしよう…と思いキャリーに入れてたのですが、しばらくだけで後はいつものように自由にさせてました(笑)2パグどもを離しとくほうがかえってストレスだろうし。最近はベッタリなので。

いつも病院から帰ってきて思うことですが、遭遇したワンちゃん達の写真、撮らせてもらえば良かったなぁって。本当かわいい仔が多いので。でもうちのように予防のために来てるんじゃない場合もあるので気軽に言えない…判断が難しいですよね

PR

鼓々のワクチン接種に行ってきました。
中に入ると待合室にはすでに2組。狭いので「座るところがないなぁ~」と狭いながらにウロウロしてたら、
空けてくれてその人達の真ん中に座りました。

右側に座ってたおばあちゃん、話好きなのか待ってる間隣の人と話してたみたいで、いつの間にか私もその会話に参加してたんですけど(笑)
その人達が連れてきてたのはネコ(=^・^=)ちゃん♪右側の人はキャリーでしかも風呂敷に包まれてたのでその全貌は見れず。左側の人は親子で来ていて白と茶の三毛猫ちゃんをタオルでくるみ抱っこしてました。

その娘さん(多分20代半ば)がキャリーを覗き「パグですか?」と聞いてきたので「そうです♪」と答えると「私パグ大好き~♪♪」と言ってくれたのでとても嬉しかったです(^-^)なかなかパグ好きは簡単に遭遇できないよなぁ、なんて(笑)

それからすぐ左側のネコちゃんが診察室へ。けっこう話が筒抜け状態なので体重が聞こえたんですけど、なんとそのネコちゃん6kg(爆)ず、随分重たいネコちゃんやな…鼓々より重いどー。
診察内容はその時あまり聞こえなかったんですけど、後でおばあちゃんが戻ってきた時話聞いてたら、外で階段から落ちたらしく異常はなかったんだけど、熱があるとのことで薬で様子を見るそうです。

話戻りますが、そのネコちゃんが診察室へ行ってる間、三毛猫ちゃん連れの親子と話をしていて、まず聞く事といえば『年齢』。その三毛ちゃんはとても小さく毛艶も良かったので1歳くらいかな~と軽く回答待ちしてたら、なんと17歳のおばあちゃん猫!出産も3回しててその子供のうち家に2匹居てその仔達もすっかり歳だ、との事。す、すごい。この仔のみならず子供達まで長寿!一体どんな健康法があるのか。食事療法か??ものすご~~く聞いてみたかったけど、ワンとニャンじゃちょっと違うかも、と思い聞きませんでした。

長生きか~。我が家、というかこの前まで居た実家の猫ですが一番長生きして11歳だったもんなぁ~。そう考えると老化現象は出るのは仕方ないとしても、こうやって健康で生かせてあげられるって大変な事なんだなぁ。

写真撮りたかったんだけと、具合が悪そうだったので諦めました。とてもかわいかったですよ~

すごく溺愛されてて、優しく話しかけ何かあるたび抱っこの仕方を変えたりタオルを巻きなおしたりしてました。三毛ちゃんも幸せそうでした。これが長寿の秘訣なのかもしれないですね。

それからしばらくしてその三毛ちゃんが入って、その後戻ってきた時にお別れして診察室へ行きました。熱なし、便にも菌がなく接種OK♪レンと同じ9種を打ちました。5種にしようかなと思ったんですが先生が「同じ環境なら同じ9種のほうがいいよ」とおっしゃったのでそっちに。

あ、そうそう!最近鼓々のウンポーがちょい硬めのコロコロリンなのでゴハン足りないのかな~と思い聞いたんです。そしたら成犬の場合は多少コロコロ気味で拾った時下にウンポーの残りが付いてないくらいが丁度いいそうなんです!逆に軟らかい感じでムニョ~と繋がって長いやつは×だそうです。レンのはそれでいいみたいですが、知りませんでした。昔飼ってたワンのはあんまり覚えてないので(^-^;前日105gにしてたんですけど100gに戻します。

いやー、今日の病院は楽しかったなぁ。

ワクチン後の鼓々といえば…全然グッタリせず。すごいね、アンタ。

25日分の補足です(^^ゞ大事な事書くの忘れてた~。

この日レンのワクチン接種だったんです(ごめんねレン 笑)。
これが終われば2週間後には晴れてお散歩デビュー!

この前鼓々をキャリーに入れたので万が一のウィルス感染に備えピカピカに清掃&除菌してから中に入ってもらいレッツらゴー!最近スムーズにココ入ってくれるな~楽チン楽チン♪

次回「鼓々ちゃんの便も持ってきてください」と言われてたので、今朝のウンチャカ後の潰れてないウンポーの一部をラップに包み持参(笑)これがまたクッサイんですって。フードが良くないのかなぁ。
それをまず先生に渡してなかなかキャリーから出ないレンを引っ張り出し診察台へ。怖がるのでヨシヨシをする。これしてるとレンが落ち着くんです。

そして体重測定。4.1kgでした。確実に重くなってます。約4ヶ月半でこの重さか~。じゃ9ヶ月で8kgだなぁ、ワッハッハ!ってオヤジギャグはさておき、そういや来た当時の写真と見比べると確かに顔付きが変わってきた。ソファーにもこないだから上がれるようになってきたし…成長してるんだぁと改めて実感。

熱は平熱、虫もいないようでワクチン接種OK。良かった~(^-^)早速レンの首にワクチン注入~♪嫌がってるけどガマンだよっレン!これでアンタも外出れるんだからっ!いや~ん切ない顔でこっち見ないで~。

その最中ついでに鼓々の気になる点を先生に聞いていました。

まずウンチャカ。やっぱりこれを治すのは難しいようで、飼い主のタイミングで室内ではなく外でさせるように仕向けたらいいとのこと。ゴハンをあげる時間が決まっていればある程度トイレのタイミングもわかってくるので、それプラス飼い主の都合のいい時にさせればいいと。同調させるのけっこう難しいと思うけどねぇ~(笑)そうなると大雨&大雪&台風の時でも行かなきゃいけないワケでこれなかなか大変。

先生も言ってました。こうなったのは育った環境に問題があると。私自身もいろいろ調べてみたのですが、その結果導き出した答えは、この仔は特に繁殖犬だからきっと親元から早くに離されて、ずっと狭いクレートの中で育ってたのかなぁって。社会性身に付いてないと思います。涙が出そう。本当かわいそうな鼓々。

実は鼓々、ちょっと人間に警戒心&不信感があると私は睨んでます。あんなに茶目っ気たっぷりで寄ってくる鼓々ですが、例えばしつけをするためにおやつを持ってトレーニングする時、出来たらあげるじゃないですか。その時まずビクッとして手に驚き、それから恐る恐る手に置いてあるおやつの臭いをかぎ、口に入れたと思ったらすぐペッと出すんです。んで食べない。これはきっと何かあったんでは、と思います。ちょっと人間が動いただけでもスクッと立ったり動いたりと反応するし。環境が変わったせいであってほしいですが…。

あと「おいで~」と手を差し伸べたり近寄っていくととりあえず逃げます。近寄ってしまえば体は喜んで撫でさせてくれるのですが頭は嫌がりますね~サッ!サッ!と避けます(涙)。レンはもうそんな事しないので(逆に撫でて当たり前~って感じ)これも何かあったな、と。きっと繁殖する時に嫌がる鼓々をを無理矢理押さえつけたのかもしれない。帝王切開の時の麻酔がひどかったのかもしれない。原因をいろいろ考えてしまいます。

鼓々の話になっちゃいましたね(^^ゞ レンはその後キャリーに入れ、待合室で鼓々の便検査の結果を待っていました。その待合室にはミニチュアシュナウザーがいたんですが、これがまたわがままに育てられたのか凶暴そうで(^-^;)ガウゥッ!ガウゥッ!って吠えながらリードを突っ張りどこかへ行こうするのでその都度吸い主さんはリードをひっぱってました。いや~大変だ。パグはここまでの事はきっとないな…。

で便の結果ですが陰性。虫は確実にいませんでした。良かった。

会計を済ませ、キャリーを助手席に乗せうちへ帰ったんです。「さ~着いたよレン♪」と扉の所から覗いたら…吐いてる!ウォ~~あれ、「レン吐いたレン吐いたレン吐いた~(×。×)」ッなんでっなんでっっ!!ウソッどうしよ!?パニクった私はと母に言いながらオロオロし、とりあえず電話!とレンを再度見てから電話をかけようと思ったんですが、ゲロリン食ってる(爆)

( ̄∀ ̄)ちょっと拍子抜けしたんですが、い、いいやとりあえず電話!

先生曰く「ワクチン打った後に吐くパターンもありますがだいたいはグッタリしてます。食べてる元気があれば多分大丈夫だと思います。」だって(^-^;まぁまた様子がおかしければ電話くださいとおっしゃってくれたのでひとまずは安心か。ほんとコイツ食い意地が張ってるんだから~。

そういえばちょっと車内暑かったかも…。ガーッとはさせてたんですが、冷気がレンのほうに行くと呼吸困難に陥ると思い上のほう向けてたんです。もしかしたら日光が直接当たってたのかもしれない。うぅ、ごめんよ~~レン。また母さんやっちゃったね。

でその後はもちろん前のようにグッタリ…かと思いきや意外とハウスから出て出せだせ言ってる。いやいや今日は安静にしておくれ。ということでケージから出しませんでした。遊びたかったんだけどね~アンタの体のためです。とはいえ表情は暗いので今回の分の写真は撮りませんでした。すみません!

23日分の続きです♪
最初のを読んでない方は
こちらから読んでからのほうが楽しさ倍増?

この日さっそく病院に連れていきました。なんせレンの事があったので。また虫いたら大変~(^-^;)

ショップで聞かされたのはワクチンは子供の頃に打ったきり、フィラリア予防薬はこのかた飲ませた事がない(室内だから、というが思いっきり裏手は外への開放感ありましたケド)、病歴、アレルギーはナシ(ホントかなぁ)ということでした。とりあえずフィラリア予防が先決なので健康診断も兼ねて連れてったというワケです。

先生の奥さんがいつも受付に居るのですが、「今日はレンじゃないんですけどぉぉ~」とぼそぼそと恥ずかしげに奥さんにむかって言いながら怪しく入りました(笑)

突然ですがお名前発表~♪

"鼓々"(ここ)と名づけました!

名前の由来は…別にないんですけど(爆)
呼びやすいのが一番!ということで同じ響きが続くのがいいかなと思いました。本当は"ココ"とカタカナ表記にしたかったんですが、ペットといえど字画を大事にせねば。とネットで検索してまずたどり着いた先はペット姓名判断なるシマリスの姓名判断というサイト内のページ。ココって4文字だしこりゃダメだ(>_<)ということで漢字でいいのはないか、と次に訪れたのは姓名判断の達人というサイト。しかし苗字との兼ね合いも考えなきゃいけないからなかなかいいのがない。できるだけかわいいのをと思ったけど全部×。なんとなく読めるかな~という当て字も×。ココと呼んで愛着がわきつつあるのでイヤだけどいっそのこと名前自体変えてしまおうか…とプチノイローゼ。名前って難しいよぉ。

で長時間に渡って色々合わせた結果、苗字とバランスも良く見た目もイイ!というこの字、太鼓の鼓を取って"鼓々"と付けました。すごく気に入ってます。でもなかなかいないよねぇ~この漢字での名前は。あんまり周りにいない名前を付けたかったので。でもあんま意味のない漢字だわ(笑)

さてさて、病院の話に戻して。そして受付に行って「ココです♪」(この段階ではカタカナ)と名前を伝えカルテを作成してもらい経緯を伝えてから診察室へ。

体重は5.8kg。ショップでダイエットをした成果か軽いです。熱は39.1℃でちょい高め。興奮してるようです。皮膚炎もなく耳も綺麗、目も大丈夫。ただ気になるのは鼻のところのかぶれ、ひざに床ずれによる湿疹のようなもの、指の間の腫れ(赤みはなし)、というところでしょうか。どれも問題ない程度なので日頃のケアでがんばります。

メインの回虫検査ですが、いませんでした(ホッ)。便は次回レンの時に持ってってちゃんと調べてもらうので油断は禁物ですが。虫はいなかったけど、腸内細菌のバランスが崩れてるので一応虫下しを兼ねたフィラリア予防薬をもらいました。

ワクチンはとりあえず落ち着いてから、とのことだったのでちょっと診せに来るのはちょっと急ぎすぎたかな?(笑)

でも健康異常がなくて良かったー♪

今日はレンの4ヶ月の誕生日~オメデト☆☆☆

フィラリアの予防薬もらいに病院へ行ってきました♪

診察台に上げるためキャリーから出そうとしても出ない。「ハウス」の号令かけても頑なに出ない。結局先生の奥さんにキャリーを押さえてもらい出しました。「ハウス」の意味ねぇ~( ̄∀ ̄)

体重は3.65kg。お、もうそんなに?先月のワクチン接種から3週間といかないまでもけっこう経ってるしなぁ。自宅でも抱っこして計ればいいんだろうけど自分の体重を知るのがチョット(^_^;)コワイコワイ。

診察を終え結果は異常なし。良かった良かった♪

それからついでといってはなんですが私の悩みを聞いてもらいました。まず、

トイレシートを食べる事。たまにウ○コと仲良く絡まって出てくるんですよねぇ…。なんか体に悪そうで。でもまぁ問題はないとの事。

そうなのか?

あと粗相。前よりは回数は減ったものの相変わらず部屋に放したらトイレでしない。どうしたもんかと聞いてみたらこれまたいい回答は得られず。メスよりはオスのほうがやっぱり激しいみたいである程度は仕方ないとの事。「新しい場所に行くとしますよね」という話にあー、そうだ!するする!なのでその部屋に慣れさせるため抱っこして連れて行くといいと言われました。

そうなのか!?

まぁ散歩デビュー前に外の雰囲気に慣れさせるため抱っこして外に連れてくというのもあるのでとりあえず納得はしましたが(^_^;)

結局「しつけ本を読んでください」と言われたので再度熟読します(^^ゞなんか突飛ないいアイデアもらえると思ったんだけどな~。

散歩中にワンコを連れてる人と遭遇できるだろうし、色々聞いてみてくださいとも言われました。そんな悠長に私の悩み聞いてくれるんだろうか。それに犬種が違えば微妙な空気が流れるだろうし・・・。

あとマダニノミの話も聞きましたよ。しかしマダニすごいですねぇ。水?に浸された1mmくらいのものと2cmくらいのものが一緒に入った小瓶を見せてもらったんですがどちらも同じマダニ!ようするにbefore→afterですな。こんなのがくっつくなんて恐ろしい~。そういや昔「うる星やつら」ってマンガでコタツ猫に寄生するノミの話があったけど血を吸ったら大きくなってたなァ。これ本当の話だったんだ(THE無知 笑)。でもこれは散歩から帰ってきたらちゃんと拭くなど手入れをしていれば予防はある程度できるとのことなのでちゃんとしないと。

今月はあとはワクチンか~。がんばりましょレン♪

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
管理人HN:
フチコ
性別:
女性
2パグ紹介:
左…レン(2006.4.14生♂)
右…鼓々(2004.8.29生♀)
最新コメント
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[11/03 WISH]
[10/29 さと]
最古記事
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]
□ photo : ider   □ illust : Night on the Planet